20. ハンドボール

練習用のオリジナルTシャツ

2016年06月03日 20時44分

ハンドボールの試合では、正式なユニフォームを着用することになります。
試合に勝つために毎日のように練習をしているという方もいらっしゃると思いますが、
その練習時にはどのような服装をされていますでしょうか?
 
試合さながらに正式なユニフォームを着て行うという方もいるかもしれませんが、
恐らく多くの方は練習のためのスポーツウェアを着用することになるかと思います。
練習が週に2回などであれば、ユニフォームが1枚しかなくても洗濯をすれば間に合います。
しかし毎日のように練習があるとなると、練習用のTシャツを購入したほうが良いです。
 
その練習用のTシャツも、オリジナルで作成することが可能です。
試合用の正式なユニフォームと同じ素材を利用して、
全く別のタイプのデザインで作ることができますし、
練習用ですのでしっかりとしたものでなくてもかまいません。
 
そのため、試合用のユニフォームのデザインを考える時よりも、
気を楽にして楽しく考えられるのではないかと思います。
正式なユニフォームには付けることのできないロゴを付けてみたり、
今風なオシャレなデザインにして日常生活でも着用できるようにしてみたりと、
自由な発想の元作ることが可能なのです。
 
この試合に間に合わせるために急いで作らなければならない、というものでもないため、
余裕を持ってゆっくりとデザインを考えることができるのではないでしょうか?
練習用といっても毎日のように着用するものになりますので、
ハンドボールの選手全員で納得するまで考えるとよいでしょう。
 
みんなで考えるというのは時間の無駄のように思えるかもしれませんが、
一緒になって1つのことに取り組むということで、
チームワークさがさらに向上しますし団結力や結束力が高まります。
 
また、普段はハンドボールの技術しか見ていなかった仲間の、
意外な一面を見ることができる良い機会なのではないかと思います。
Tシャツ作りを通してお互いのことをさらに知ることができますので、
それが試合にも生かされるのではないかと思います。
 
選手の中には、そういったデザインが苦手だという方もいるのではないでしょうか?
しかし、反対に絵を描くのが好きだったり考えるのが好きだという方もいるはずです。
そういった選手に丸投げしてお願いするのもよいかもしれませんが、
みんなで着用することになる練習用Tシャツですので、みんなで考えるとよいでしょう。
 
毎日のようにハンドボールの練習をするという方は、
同じTシャツを数枚持っておくのもよいのではないかと思います。
耐久性に優れたTシャツですが、長く使っていると悪くなったり破れたりする可能性があります。
また、数枚持っていれば雨が降っても翌日の練習には別のTシャツを持って行けますし、
日常生活にも余裕が生まれるのではないかと思います。
 
デザインを変えずに、Tシャツの色だけを変えることも可能です。
例えば今日は黒の生地に白のデザインのTシャツを利用したけど、
明日は逆に白の生地に黒のデザインのTシャツを着用するなどなど、
ハンドボールの練習中にもおしゃれを楽しむことができるでしょう。
 
デザインさえ変わらなければ料金が変わるということは基本的にはありません。
Tシャツの色とプリントするデザインの生え具合で若干料金設定が変わることもありますが、
色違いでいくつかのTシャツを持てるというのは、
オリジナルTシャツの制作の大きなメリットの1つなのではないかと思います。
 
まずはデザインを考えなければなりませんので、
一度ハンドボールチームの選手を集めてみんなで考えてみるとよいでしょう。